赤線・青線の風俗エリア

風俗はかつて赤線と呼ばれ
国が公認で売春を許可していたエリアが存在した。
また青線とは非公認で売春が
行われていたエリアのことを指した。
尚、赤線は1958年の売春防止法の
施行により全面的に廃止となる。
けれど赤線や青線があったエリアでは
表向きには料亭、旅館などに姿を変えながら
本番行為による売春をいまも続けている。
但し、売春行為は違法であるため
あくまでも店側は料亭の客と仲居との自由恋愛と
主張しており売春自体を黙認している。
料亭に姿を変えた旧赤線エリアは全国に存在しているが、
大阪の飛田新地や松島新地はとくに有名だ。
ちなみに赤線・青線は別名ちょんの間とも呼ばれており
ちょっとの間に性行為することからその名が付けられた。
現在、公認されている風俗は手コキ、フェラ、スマタなどの
性的サービスまでで本番行為は禁止されている。
非公認ながら本番行為を黙認している業種では、
上述した旧赤線とソープランドが有名である。
大阪ではソープランドそのもの自体が廃止されているため、
飛田新地、松島新地、今里新地が唯一
暗黙の了解として本番行為できる風俗の業種である。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply